“男の趣味”とは?〜弥彦競輪G1の振り返り〜

“男の趣味”とは?〜弥彦競輪G1の振り返り〜
どうも、ロケンローケイリン・プロデューサーのケンです。10/24までの弥彦競輪G1「寛仁親王牌」が幕を閉じました。今回のコラムでは、はじめに西尾の4日間・全48レースを戦い抜いた結果発表を!! 回収率 108%的中率 21% 「2日目に穴車券で10万越えを的中した後は、なかなか振るわず、辛勝という結果になった」と報告を得ました。そして、西尾は付け加えました。「この開催な、穴車券ばっかり出る開催を勝ち切れたのはデカい。次に繋がるし、これからの自信になる。ただ、大荒れの4日間を一つしかデカいのが獲れなかったのが反省点。勝負の別れ目。3日目・4日目はもう一つデカいのを獲れることだけに専念できたし、中身はあったわ」 この4日間に魂を燃やした感じは伝わってくるので良かったことにしてやってください。まあ、2日目までの折り返しが回収率300%越えでしたから最終結果が悔しかったんでしょう。108%頑張ったよ。十分頑張ってもなかなか出来ない数字だよ、とも言ってやりたかったですがね。いったい何%なら納得するのでしょう!(笑) “男の趣味”とは? 話は競輪から外れますが、西尾は「釣り」が趣味で魚が大好きです。撮影が終わった後の夜や、地方ロケでは1人ホテルで早く起きて、しかも深夜3時とかから。朝7時出発の撮影で、「3時から5時半までは釣り行っててな、こんなことが起こった、6時から風呂入った」とかロケ車の中で喋り出すのをよく聞いています。なかでも、今はナマズ専門。ナマズの生態や生き物として興味がとてつもなく、マニアックな面や不思議な生き物としての特徴について熱く話します。釣りをしたことがない私からすると、言語だけではよく分からない部分が多いのですが、一つのものに打ち込む深掘りの仕方や大胆不敵さはスタッフ誰もが感心するところです。 本人曰く、「男の趣味ってお金が増えへんやんかー。釣りなんて1番。洋服が好きでも買うのが嫌なら作るだろうし、こんなバイク乗りたい、こんな車乗りたい、でもやっぱり自分が欲しいものを自分たちの手で作れることに憧れるなぁ。でも釣りは、生命体を捉えるという自然界に対して、人間ではないものに対して工夫や努力や時間を割いて欲しい魚をキャッチするという特別な遊びなんよね。釣り道具買って、釣り場に足を運べば釣れるという保証もないし、魚が本当にいるかも分からないし。そこで自分が魚を探す能力はアナログそのもの。誰かが釣れるといった情報はなしに、自分が魚を探してみて手に入れたものは格別やねんな。」 (そして話は競輪にも繋がり…)「競輪でも同じようなことが言える。遡れば、人間が人力で自転車を漕いでるだけやから。エンジンもない。自転車って武器が一つあるだけで、自然界に近い気はする。だから難しいし、ギャンブルの土俵もあるしこの“競輪”というものにはプロになりたいんですわ。勝ち切れる人を目的にしたい。何より最良の趣味があって自分の人生にとって良かった。嬉しい。」 今回はこの辺りまでに。お読みいただきありがとうございました!競輪のことは勿論ですが、また西尾の趣味についてのお話もコラムで綴って行こうと思います!

競輪ってなんなんですかね!?

競輪ってなんなんですかね!?
皆さんこんばんは、西尾本人です。過去最高に競輪に燃える4日間の最終日を明日迎えようとしています。 競輪を愛し、競輪場を愛しての18年と7ヵ月。心底、夢中になったり楽しめることと出会えていたこと。僕は競輪という公営競技に感謝しています。本来なら、このG1弥彦開催にロケンローケイリンの番組撮影として各関係にもお電話や企画書の提出などしておりましたが、コロナ禍のリスクにより様々なことがロケ撮影をする上で難しい展開が広がりました。 うん、現地に撮影で23.24話として行きたかった!!ロケンローケイリン内で、G1開催を現地収録するのが僕の目標でありやっぱり競輪は9車立て。弥彦競輪は直線が長く、穴が出る想像が膨らむ43場の中で僕の1番好きなバンク。それらのためにも明日の開催4日目は圧勝できるかをテーマに奮闘してみたい!!! ウィンチケットでプロ予想を「ロケンロー競輪の人」として書いています。ピンクのロゴが目印!予想を人に言ったり、何かに書くだけなら誰でもできますが、お金で勝つことは目標であり愛好家の試練。競輪はギャンブルが前提であるし、負けることが続くと人には理解されない。実は僕の普段は、選手やレースで推理想像を巡らせたのち(買う前提で考えたのち)買わないことが多い。リスクがあるから。 考えたのち、観ておいてどういう結果になるのか?を楽しみにもできると思ってます。競輪を賭け事として捉えなくても、あの選手は今状態悪いなとか、これから上に上がってくるなとか、この選手はいつも素晴らしいレースをするなぁとか。相手が弱くても魅せるレースだなぁとか。これって、やっぱりスポーツとして観ても凄い楽しめることだと。やっぱり買わなくて良かったなとか、当たるときに何で買ってないねん!とか^_^ギャンブルの考えのほうももちろんありますけどね。 しかし、これには対処法があります。本当に買いたい、お金を張っても良いと思えるレースを選ぶのも素敵な趣味ですよね。なので、初心者の方は、まずはいきなりお金を張らずに選手やラインの並び、展開などを考えて推理して楽しめるようになることが最良かと思っています。競輪を始める初級者の方が、バクチとして捉えてスタートするとしたら競輪そのものがなかなか楽しめないのではないのでしょうか?そもそも難しいスポーツであり、難しい入りにくいギャンブルだと思います。難しさと入りにくさの意味はまたそのうち書きますね。 僕は競輪の奥深さ、素晴らしさと美しさを少しでもお伝えしてもらえるよう努力しつつ、矛盾しますが、ギャンブルが前提であるのでお金で負けないこと。理想のレース推理になることで、いかに夢を膨らませるかなど。本来の競輪という競技が持ち合わせている魅力を皆さんに気づいてもらいたいし、もっと認知していただきたいのです。ギャンブルだけではない。 人間の本質がもしかしたら競輪には集約されてるのではないか?昭和の義理や人情、時代劇のようなものに聞こえるかもしれませんが、競輪には日本の特殊な文化と背景、日本人の人間味があるものかもしれません。 競輪インターネット投票サイト「WINTICKET」内で(ABEMA)「プロ予想家」の「ロケンローケイリンの人」として予想をアップしてます。明日の弥彦競輪、寛仁親王牌G1最終日の前半レースと決勝戦の予想は↓のリンクでご覧いただけます!その他、後半レースも買う場合は引き続き書いていきます! 1R 2R 4R 6R 12R

【プロ予想】弥彦G1-2日目〈寛仁親王牌2021〉

【プロ予想】弥彦G1-2日目〈寛仁親王牌2021〉
皆さん、こんばんは!西尾は競輪インターネット投票サイト「ウィンチケット」をこよなく愛し、普段、競輪場に行けないときの愛用しています。たくさんある投票サイトの中で、ウィンチケットは「史上最良の投票アプリ」競輪初心者の人向けとしても入り口として配慮が素晴らしい、といつも話しています。 そんなこんなで、西尾がウィンチケットのアプリ内の「プロ予想」という限られた条件をクリアした人だけ「予想を書いてくれたら100ポイントGET!」という企画サービスに選抜されたらしく、アプリ内でまたまた競輪予想の能書きをメディアで繰り広げているようです。 何が基準で、「プロ予想家」になれるのかは不明なのですが、西尾本人のインターネット投票の過去の成績、勝ち負け、回収率や的中率が基準になっているのは間違いないところでは?! 西尾本人は、「アプリ内のそのページ、見たことなかったねん〜。新聞買っても人の予想は見ーひんやろ〜、ワシわ。こないだ初めて見てみたら、なんか予想書いたらお金もらえる欄が出てきて、あれっ?ってなったんや。ついにワシもプロになったんか、、ふふっ、いつからプロになってたか分からんわな〜」と嬉しそうに言い、友達みんなに自慢の電話をしだしました。(恐らく、WINTICKETから何らかのメールが来てるのでは?と私は言いましたが、全然聞いてませんでした…) 電話を受けた友人さんたちは、さぞ迷惑だったでしょうが、本人は嬉しそうで嬉しそうで…まあ、許してやってください。更に両親にも自慢の電話を入れていました(笑) そんなことで、本日(10/21)から、新潟の弥彦競輪場でトップレーサーが集うG1戦-寛仁親王牌が開催されています!! 「西尾のプロ予想」がWINTICKETにて「ロケンロー競輪の人」として明日のレース1R〜5Rまで掲載されております^_^皆さん応援してやってください!! ちなみに本日のレースを西尾は「初日は各選手の脚を見るねん、負けた選手の明日。明日の前半戦で勝負に出ますで〜、」とまたまた自慢たらしく言っておりました(笑)そして、この弥彦開催は過去最高に競輪愛を燃やすとも言っておりました^^ プロ予想画面はこちら↓から!ぜひご覧ください! 1R 2R 3R 4R 5R

ロケンローケイリンの制作背景

ロケンローケイリンの制作背景
ロケンローケイリンは競輪場のある街、市、県、府、村などケイリンシティと西尾が呼ぶ地域の地方自治体、観光課、フィルムコミッション、地方の観光誘致に携わる方々のご意見、ご協力のもと、正式に「公営競技の競輪場」さまへ撮影許可を申請、打ち合わせ、プレゼン等を事前に行なっております。実撮影の際には、一般のお客様にご迷惑をおかけしない撮影場所の確保や出入りの手配、競輪場側並びに警備の方にもご協力頂くなど、とても素晴らしく感謝一杯の撮影環境のもと作品作りをさせていただいております。 インターネット投票がメインになっていく現在と将来に対して、競輪場での現地レース観戦の魅力を提唱していくのは時代遅れかもしれません。風を感じて、バンクの気配を感じて、五感を大切に、何より熱気とエネルギーに満ちた競輪選手の素敵さが身にしみる、美しさをいつも感じています。 昭和の競輪文化が形を変えていき、テクノロジーで新しい時代が築き上げられるのか。それとも、もう既に築きつつあるのか、否か。 この番組を作ろうと考えた理由は、「競輪場を愛している」これに尽きます。競輪の人気は長い時間をかけて衰退していってますが、廃れていった気配の尻尾すら要らない。少しでも若い世代の20代の方などに競輪の素晴らしさを知ってもらえることを願って。 ロケンローケイリン一同は、独自のかたちで、いま現在、競輪に対する愛を表現していることを、ここに誓います。 今後は収録中には言ってない、制作の裏側や今番組の根底にあるものなどを詳しく書いていくコラムになりますので、ご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。
Now Loading...