ロケンローケイリンの制作背景

ロケンローケイリンの制作背景

ロケンローケイリンは競輪場のある街、市、県、府、村などケイリンシティと西尾が呼ぶ地域の
地方自治体、観光課、フィルムコミッション、地方の観光誘致に携わる方々のご意見、ご協力のもと、
正式に「公営競技の競輪場」さまへ撮影許可を申請、打ち合わせ、プレゼン等を事前に行なっております。
実撮影の際には、一般のお客様にご迷惑をおかけしない撮影場所の確保や出入りの手配、競輪場側並びに警備の方に
もご協力頂くなど、とても素晴らしく感謝一杯の撮影環境のもと作品作りをさせていただいております。


インターネット投票がメインになっていく現在と将来に対して、
競輪場での現地レース観戦の魅力を提唱していくのは時代遅れかもしれません。
風を感じて、バンクの気配を感じて、五感を大切に、何より熱気とエネルギーに
満ちた競輪選手の素敵さが身にしみる、美しさをいつも感じています。


昭和の競輪文化が形を変えていき、テクノロジーで新しい時代が築き上げられるのか。
それとも、もう既に築きつつあるのか、否か。


この番組を作ろうと考えた理由は、「競輪場を愛している」これに尽きます。
競輪の人気は長い時間をかけて衰退していってますが、廃れていった気配の尻尾すら要らない。
少しでも若い世代の20代の方などに競輪の素晴らしさを知ってもらえることを願って。

ロケンローケイリン一同は、
独自のかたちで、
いま現在、
競輪に対する愛を表現していることを、
ここに誓います。

今後は収録中には言ってない、制作の裏側や今番組の根底にあるものなどを
詳しく書いていくコラムになりますので、ご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。

Now Loading...