競輪祭を終えて-小倉G1

競輪祭を終えて-小倉G1

どうも皆さんこんにちは。プロデューサーのケンです。
今開催はナイター6日間というワクワクする競輪1年間の中で目玉ともいえるお祭り騒ぎ。
往年の競輪ファンには血湧き肉躍る開催だったのではないでしょうか。
残念ながら、西尾は映画の編集作業と来年からのさまざまな企画立案、
更には久々のガッツリしたドラマ出演収録など重なりなかなか思うように参戦できなかったようです。

しかし開催中は1日30分は全レースのことは考える時間を作っていたらしく、
私が決勝戦の吉田拓矢選手の優勝の話を振ったところ、とても嬉しそうに
「吉田は獲るべくしてタイトル獲ったね〜!」
とまたまたそこから30分ほど持論を展開し出しました笑。
「あの、仕事中なんですけど、、、。」
と言いだしそうにもなるんですが、いつものこと。
うちの仕事には休憩時間がないのでそのあたりで西尾も休憩してるんだろうと理解してみたり笑。

「やっぱり、ちゃんと集中できない期間に競輪を張るのは分が悪いなぁ、本当に買いたい車券を選び出すまでに時間が足りないわ。良い勉強になったけど、久しぶりにしっかり負けたわ笑!2つのレースだけ、穴車券推理が上手くいってたのに締切が間に合わず&ネット投票で打ち間違えてて大きいのが獲れへんかってん〜むむ〜、その2レースだけが敗因100%。なので、やっぱり仕事をなるべく早く処理して終わらせれる努力で時間を作れるときにミッチリ競輪やりたいよね^_^」

となり、最後のシメとしては

「小倉の番組マンが凄かってん!あんな番組作り、観たことなかってな。普段通りではなく、めちゃくちゃ面白いのもあり、訳の分からない部分もあってん。ファンから賛否両論はあるかもしれないけど、うん、面白かったし新しかった。往年の競輪ファンは番組の組み合わせに対して難しかったんちゃうかな〜というのと、新たなパターンを提示されてるようでドキドキしたんじゃないかな!とにかく良かった!」

といい感じでありました。

あ、追記ですが、
最近、西尾は「大人の部活」と称して
早起きして1日30分〜60分、晴れの日限定で、京都中で単車を乗り回す時間を作っているらしいです。
どこに行くわけでもなく、目的地も設定せず、京都の交通事情のなかで混んでいない道を探して、
気持ちよく単車を走らせるだけらしいです。
気温によってのエンジンの感じや状態、ライディングスタイルなどを毎日体感したいそうです。
京都の街中で見かけた場合は思いっきり指を指して笑ってやってください!
目印は、ガソリンタンクにロケンローケイリンの可愛いキャラクターが貼ってあります。
シャンパンゴールドのキラキラのヘルメットです。

Now Loading...